« 紅葉、真っ盛り! | トップページ | 斜光線 »

2006年10月22日 (日)

燃える山

Kiha_tihoku_086

分線の駅ホームから西側見える、杉が植林されたばかりの斜面。仲間うちでは「分線俯瞰」と呼び、阿寒岳が見える眺望のよい地点からの1枚。

山すそを回り込んで走る線路に当たる西日は、時間との勝負。背後に山を背負うこの場所では日が傾くに伴い、暗がりが手元から足元へと広がり、やがては線路も覆い尽くす。紅葉の時期には16時頃の列車でギリギリのタイミング。低い雲があると、日も当たらず撃沈となってしまう。

色付きがピークとなったこの日、夕方の列車が来ることには雲が無く、日が差していた。カーブの向こう、川上からやってくる列車の音に耳を澄ましながら待つことしばし。日が沈むギリギリのタイミングでやって来た!。

広葉樹の色付きがピーク、黄や赤に染まる山に夕日が差し、燃える山のようになった

2005年10月 ふるさと銀河線:川上~分線

|

« 紅葉、真っ盛り! | トップページ | 斜光線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16685/12367221

この記事へのトラックバック一覧です: 燃える山:

« 紅葉、真っ盛り! | トップページ | 斜光線 »