« ルピナスに囲まれて | トップページ | 夏至の輝き »

2007年6月20日 (水)

ルピナスを眺めて

C11_11

前回のエントリに続いて小沢のルピナスです。

あまりに情景の美しさに翌週の休みにも撮影へ…。今日まで花が持っているか、やきもきしながらの道中だ。そして着いて見た花はなんとか残っている状態。色も抜け花もかなり落ちていた。しかし、絵にはなるなとスタンバイだ。

じりじりと夏の太陽が照るつける中で待つこと15分、爽やかなそよ風が吹く中を汽車が通り過ぎた。風向きは向かい風、うまく車体に煙をたなびかせながら目の前を掛けてゆく。

ルピナスに気がついた乗客なら眺めているであろう、花咲く構内を駆けて行く…

2007年6月 函館線:小沢

|

« ルピナスに囲まれて | トップページ | 夏至の輝き »

コメント

ルピナスはこの初夏の雰囲気ですね。

ルピナスを最初に見たのは深名線だったような気がします。
この花はきれいであるけど特殊なカッコしているので第1印象はちょっと不気味な感じでした。
深名線の原生林の中で見たせいかもしれません。
それ以来この花を見ると北海道を彷彿させます。
本州では岩手県北部で見たくらいです。

投稿: ぱれお | 2007年6月25日 (月) 07時59分

ルピナスは夏到来を告げる花だと思っています。この花が咲き出すと暑くなり始めます。
1ヶ月前は桜の花見をしたというものなのに、ルピナスの見頃にはすっかり夏になります。あっという間に季節が過ぎ去って行くようです。

私は札幌の街角でした。歩道の緑地帯に立ち並ぶルピナス。最初はぱれおさん同様にそのカッコを「なんだ!?」と思いましたが、銀河線の上利別の群生には眼を見張りました。それ以来、初夏の楽しみになっていますね。

宿根草であるこの花は道内ならあちこちで見かけますが、本州では暑さのためでしょうか1年限りだそうです。

投稿: まる | 2007年6月26日 (火) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16685/15501708

この記事へのトラックバック一覧です: ルピナスを眺めて:

« ルピナスに囲まれて | トップページ | 夏至の輝き »