« 写真2人展~Railway Story | トップページ | 落陽 »

2007年7月20日 (金)

もうすぐとこれから

Kiha_sassyo_130

季節が進み、麦の実りがすぐそこに! そろそろ刈り取りだ。
一方、稲は今がすくすく伸び、若葉の緑がまぶしい盛り。
もうすぐとこれから。夏の青空の下のコントラス。

春先の高温で、1週間ほど早い作業開始になっている。
ここも、もう間もなく刈り取りなのだろう。

2007年7月 札沼線:本中小屋~中小屋

|

« 写真2人展~Railway Story | トップページ | 落陽 »

コメント

麦畑と田圃、交互にあって上から見たらパッチワーク見たいなんでしょうね。
わざわざ狙って交互にしているのでしょうか?
それとも農業上の理由が何かあるのでしょうかね?

投稿: ぱれお | 2007年8月 6日 (月) 07時31分

まさにパッチワークの様相です。あちこちにあるので季節ごとに様々な色が混在しています。
狙ってというより、結果的に交互かと思います。

理由は減反、米の減産が原因かと思います。
畑作しか行えないという場所も少なくありませんが、この場所は一面水田が可能かと見受けられました。しかし減反で放置とはならずに、麦を作付けしていると思います。

そういう個所が沿線に多くあります。それだけ米の生産が大変、ということなのでしょうね。

投稿: まる | 2007年8月 6日 (月) 08時40分

おはようございます。
鉄路展へのご来場ありがとうございます。はるばる小樽まで来て頂けて、見て頂けて光栄です。うれしいです。
手作り感たっぷりのユニークな展示会、楽しんで頂けましたか?
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

投稿: ainosato | 2007年9月 3日 (月) 06時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16685/15804879

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐとこれから:

« 写真2人展~Railway Story | トップページ | 落陽 »