« 夜明けの水鏡 | トップページ | 黄昏の海辺 »

2009年5月27日 (水)

カシオペア、ぎらり

Dd51ltd008

日の長くなる夏至の前後限定、長和のカシオペアぎらり。

少し早く仕事のはねたこの日、きれいに晴れ上がった空を見てここに。
道中、駒ケ岳も羊蹄山もくっきり見え空もすっきり。期待に胸が膨らむ。
現地に着けば、ちょうど田に水が入ったばかりで水鏡まで楽しめるとあって、列車が来るのを今か今かと待つことに。

踏切が鳴り長和構内からエンジン音高らかに、役者が足元に登場。
直線に入りノッチが切られしずしずと、またぎらぎらと光らせながら通過していった。

あ~至福なひと時。

2009年5月 室蘭線:有珠~長和

|

« 夜明けの水鏡 | トップページ | 黄昏の海辺 »

コメント

でも、あんま光ってないね(汗)
ここでギラリを狙うには微妙に曇ってる方が良いのかもしれない
または、山影に入ってしまって、空の残照を拾ってギラッてるか。

光ってる部分をアップで狙いたい感じがする(汗)

投稿: ふうらいぼ@永遠の素人 | 2009年5月27日 (水) 23時11分

そう、あんまり光ってなかった…。カマの辺りから3両もないくらいだった。

上からでなく下からが良いなかとも考えたりで。
少し霞みがかった天候故に光りが強くなかったとか。

もう少し西寄りに太陽があるばとも考えますが、いかにでしょうね

投稿: まる | 2009年5月28日 (木) 09時57分

ども、お二人とも贅沢だなぁ。

数両でもギラって、編成全体が茜に染まって、駒ヶ岳がはっきり見えて

十分すばらしい風景だともいます。

投稿: GADO-GADO | 2009年5月31日 (日) 00時54分

>GADO-GADOさん
はい、贅沢ものです(汗)。
月末進行でレスが遅れました。申し訳ないです。

おっしゃる通り十分にすばらしい風景ですが、もっと!と欲が出てしまう始末で…
もうちょっとこだわって、自分が納得できるものを見てみたいものです。

投稿: まる | 2009年6月 4日 (木) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16685/45147652

この記事へのトラックバック一覧です: カシオペア、ぎらり:

« 夜明けの水鏡 | トップページ | 黄昏の海辺 »