« 麦秋 | トップページ | 大切にされているものたち »

2017年7月29日 (土)

炭鉱の灯り(ヤマのあかり)

Img_2017_07_29_18805


北海道最初の鉄路として敷かれた幌内線。石炭で賑わった駅舎が今も住民によって維持されている。
夏には「炭鉱(ヤマ)の灯り」として、「ご苦労ご活躍された多くの先人へ、祈りをささげたい。活動させて頂いている事に、感謝の気持ちを表したい」の思いで、キャンドルが灯される。

ゆったりと厳かな気持ちになれるひと時である。
2017年7月29日 旧幌内線 唐松駅

|

« 麦秋 | トップページ | 大切にされているものたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麦秋 | トップページ | 大切にされているものたち »