2008年5月29日 (木)

夕暮れの駅 その2

Kiha_rumoi_05

小さくなるとも、ラッチやホーム側の軒はしっかりと残されていた。
点る灯りは新しくなるものの、昔変わらない光景がある駅だった。

2008年5月 留萌線:藤山駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

夕暮れの駅 その1

Kiha_rumoi_04

なんともアンバランスな木造駅舎。夕暮れ空にナトリウム灯でよい雰囲気。
中途半端な駅舎にも理由があるそうです。

この地を拓いた者が寄進した駅舎。
無人化に伴い貨車駅舎になるところを、「先人の功績が無くなるのは忍びない」という地元の方の請願で、必要最小限な部分を残すことになった。
そこで、駅事務所と運転扱い所を取り壊し、現在の形になったそうだ。

それほどまでの思いが込められているこの駅。
日常の整備が行き届き、すっきりとした印象を持った今回の訪問だった。

2008年5月 留萌線:藤山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

新緑に駆ける

Kiha_rumoi_03

流し撮りが苦手な私の果敢なる挑戦!
新緑を駆けるキハが、夕陽でギラリを狙ってみた。

ちょっと無理やりだったかなぁ~
もちろん、大幅にトリミングしております。

2008年5月 留萌線:恵比島~峠下

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

水仙の駅 その2

Kiha_rumoi_07

上りが着きしばらくして下りが到着。
SLすずらん号で賑わった一時期に比べ、静かな列車交換だ。

水仙が咲き誇る駅を後に、まもなく出発!

2008年5月 留萌線:峠下

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

水仙の駅 その1

Kiha_rumoi_08

無人化されているが、CTCによる交換設備のある峠下。
ややしばらく待つと、まず上り列車が到着。
ホームでは水仙が出迎えていた。

2008年5月 留萌線:峠下

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

春の窓

Kiha_rumoi_06

新緑シリーズ、続けます。そして久々の留萌線カテを。

稚内からの帰り道に寄った峠下。木造駅舎の雰囲気の良いところだ。
駅舎に入って眼に目に入った新緑の輝き。曇ってはいたが眩しい彩りだった。

2008年5月 留萌線:峠下

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

お稲荷さん

Kiha_rumoi_02

集落のお稲荷さんが斜面にへばり付くようにあった。海岸とのわずかな平地に押し込まれるように…。
その間を横切るようにキハが行く。ここではお稲荷さんも列車も肩を寄せ合って存在していた。

2007年3月 留萌線:阿分~信砂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

カラン、カラン

C11_09

「シュッカ、シュッカ」と軽やかなドラフト音と、「カラン、カラン」とのどかなロッドの回る音を響かせ、冬晴れの築堤を行く。
映画「すずらん」のロケ列車、平成の世に甦った昭和の情景だった。

2000年2月 留萌線:恵比島~峠下

| | コメント (0) | トラックバック (0)